元気印

2017年春 胃がん手術を受ける。再発なし、健康体を目指して日々努力あるのみ…ガンに関する情報

胃がん術後1年6ヶ月検診

2018年11月の定期検診は、採血とCT検査です。

腫瘍マーカー
CEA
<CA 19-9>
<CA 125>
の3種です。


術後から<CA 19-9>の数値が基準よりいつも高めです。
今回は <37 のところ、62でした。


2018年2月の検査ではそれまでよりより高めだったので、心配になり1ヶ月後前倒しで胃カメラとCT検査をしましたが、問題なく若干数値も下がっていました。

がんだけでなく色んな原因で上がると、再発の場合の上がり方は半端ない数値のようです。

CT検査の診断では転移は見られないものの、がん以外の心配する程のことはない色々が見られました。
主治医より<CA 19-9>の数値は、<肝内に多発のう胞あり>から来てるのかもしれないと…。

とりあえず、2018年問題なく終われそうでホッとしました。


腫瘍マーカーの詳細は下記で分かります。

www.ganchiryo.com

胃がん術後1年6ヶ月検診

2018年11月の定期検診は、採血とCT検査です。

腫瘍マーカー
CEA
<CA 19-9>
<CA 125>
の3種です。


術後から<CA 19-9>の数値がいつも基準より高めです。
今回は <37 のところ、62でした。


2018年2月の検査ではそれまでよりより高めだったので、心配になり1ヶ月後前倒しで胃カメラとCT検査をしましたが、問題なく若干数値も下がっていました。

がんだけでなく色んな原因で上がると、再発の場合の上がり方は半端ない数値のようです。

CT検査の診断では転移は見られないものの、がん以外の心配する程のことはない色々が見られました。
主治医より<CA 19-9>の数値は、<肝内に多発のう胞あり>から来てるのかもしれないと…。

とりあえず、2018年問題なく終われそうでホッとしました。


腫瘍マーカーの詳細は下記で分かります。

www.ganchiryo.com

乳がん検診

市の特定検診とがん検診の中に組み込まれていたので、初めて受診。
まず、電話で申し込み。
集団と個別申し込みがあり、うちから歩いていける距離に新設の大きな病院があったのでそちらを指定。
申し込みの2週間後に当日持参する問診票が届く。

【 検診当日 】
初めての乳腺外科。
内科や外科と違って受診する人が少ない。
すぐにマンモグラフィ(乳房X線検査)。
レントゲンと説明され、一瞬機械の間に入ろうとしてしまう。
それは乳房だけを挟む機械なのだ。
女性の係の方が要虜よく、半ば力づくで挟んでくれる。
私は貧乳なので、それはそれで大変だろうな…と考えながら、痛いのは確かだったけど、時間も長くなかったし耐えれない程ではなかった。

次に触診。
お乳というよりリンパとかなのだろうか…その周りだいぶん広い範囲を調べるのだな。
そこで先ほど撮った乳房X線がもう見られるようで、それと合わせて何も問題ないと告げられる。
ただ念のため、違う先生にも診てもらうとのこと。
見落としが何より避けるべきなようだ。
正式な通知は後日郵送で知らせて貰うことになる。

神経質になっているところがあるので、取りあえずホッとした。
1週間ほどして、精密検査不要の通知を受け取る。

もしこの検査で??なところがあれば、また不安との戦いが始まるワケで…検査は表裏一体。
寿命が延びた気さえする。
痛くても一瞬なので、みなさん受けましょう。

検査結果





冷静な判断をすることも必要

がん体験者は、日々進歩する医学に目が離せないことと思います。
この度の京大 本庶佑(たすく)特別教授のオプジーボ ノーベル医学生理学賞受賞を大変心強く思ったのも確かです。

希望を持つことは、精神的に病気を治す大きなチカラとなります。
ただ、それらが誰にでも当てはまるものではないことも心得ておくべきでしょう。

www.asahi.com
2018 / 10 / 8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

www.asahi.com 2018 / 10 / 5

腫瘍マーカー

定期検診は3ヶ月毎に血液検査、半年毎にCT、1年毎に上部内視鏡の検査。
血液検査だけの時は、近くのクリニックで…。
今年の2月の血液検査で<CA19-9>の数値が 92。
それまでは基準値より多少高かったものの下がり始めていたので、ちょっとビックリ。
クリニックの先生もちょっと高いなぁ…とつぶやかれ、増々気になる。

1ヶ月ほどして手術をしてもらった先生を受診。
5月に予定していたCTと内視鏡検査を前倒しですることになる。
フルコースの検査では、病院へ3回通うことになります。

運良く最短に検査することが出来てよかった。
なんだか喉もイガイガするし…一気に心配事が吹き出るような気分。
気になることを全部先生にお伝えし、1週間後にはすべての結果を聴くことが出来た。

問題の<CA19-9>の数値は50まで下がっていて、喉の他、明らかな再発・転移なしの診断。
何より嬉しかった。
ただ問題になる数値は3桁の非常に高い時であることも知る。

この夏、8月に血液検査だけになるも、お盆前に済ませる。
まだ基準値までは下がっていないけど、様子見の範囲。
コツコツながら、食事の見直し、適度な運動等続けてきた。
そのお陰か高かった悪玉コレステロールを初め、肝機能、糖代謝、腎機能も基準値になっていて、これまでになく健康な数値になっていた。

やっと1年過ぎたところだけど、こうやって精神的にも慣れていくのかなぁって感じです。


mainichigahakken.net

『彼女が見ていた景色』 〜 TV放映

弘子さんの「生き方」をまとめたドキュメンタリー『彼女が見ていた景色』は7月22日24:55〜日本テレビ系列で放送予定。 再放送はBS日テレで29日11:00〜、CS『日テレNEWS24』29日24:00〜放送予定。
後者はYahoo!ニュースのトップページ「動画」タブからも視聴できます。

 

www.buzzfeed.com